HOME >バレンタイン特集 >スィーツライターのトレンドコラム

バレンタイン特集

cafesweets等の食ライターを手掛ける松野さんからの特別寄稿をお送りします!

スィーツライターのトレンドコラム「旅先で出会ったチョコレート達 vol.1」

私がお菓子に興味を持ち始めたのは小学生のとき。「プーさんのお料理読本」という本をプレゼントされてからだと思います。そこには、チョコレートロックケーキ、チョコレートファッジ、チョコレートクリンクル・・・といった、当時は聞いたこともない外国のお菓子名がありました。英語とお菓子づくりに同時に目覚めた私は、その後、海外での生活や、日本の大エスニック料理ブームや大イタリア料理ブームを経て、「世界中のおいしいものを食べつくしたい!」という思いを胸に、時間ができると旅に出るようになりました。ここではチョコレートにまつわる旅の話を聞いていただきましょう。

メキシカンチョコレートに衝撃!

私が最初にチョコレートで衝撃を受けたのはメキシコです。出会ったのは「Ibarra(イバラ)」という、砂糖をまぶした厚さ1cmほどの板チョコレート。そのまま食べるのではなく、溶かして飲むメキシコでポピュラーなドリンクです。シナモン入りなのですが、これが辛いほどにスパイシーです。マシュマロを浮かべるアメリカのホットチョコレートは、メキシカンホットチョコレートに比べたら、子供の飲み物です。残念ながらデジカメのない時代なので、写真はありませんが、http://www.mexgrocer.com/2544.htmlでどんなものか見みてくださいね。
そしてメキシカンチョコレートのレシピです。メキシコとは隣同士のアメリカ、ニューメキシコ州で買った料理本にありました。私の大好きなサンタフェのある州です。スパイスのきいたホットチョコレートで寒い冬を乗り切りましょう!

松野玲子さん

松野玲子さん
cafesweets等の食ライター。
おいしいお菓子、おいしいチョコレートに出会える幸せな仕事をしています。

メキシカンチョコレート

ココアパウダー 大さじ3
ハチミツ 大さじ2
湯 1/4カップ
シナモン たっぷり
クローブ(パウダー) ほんの少し
塩 ひとつまみ
インスタントコーヒー 小さじ1
牛乳 2カップ
卵 1個
バニラオイル(またはエッセンス) 少々

作り方

1 .上から7つの材料を小鍋に入れて、かき混ぜながら中火で沸騰させる。沸騰したら30秒ほどフツフツさせて、牛乳を加える
2 .卵は軽く泡立てる。電動ミキサーなら1分ほど。バニラオイルを加える
3 .沸騰した1を2に加えて、電動ミキサーで15秒ほど泡立て、モコモコにする
4 .カップに注ぎ、好みで上にシナモンをふって、できあがり

特集ページトップへ戻る

PAGE TOP