HOME >製菓業界専門誌 so good トップ > so good13号のご案内

福井の銘菓キット[水まんじゅう]

食のプロフェッショナルによるヨーロッパ製菓業界の専門誌「so good」日本に上陸。

バックナンバー

sogood #13

sogood #13

製菓専門雑誌 so good #13

※So goodマガジンは、国内ではカリョーのみでの取り扱いとなります。
カリョー店頭での取り扱いのほか、カートからのご購入も可能です。

ご購入ページはこちら

So good#13 概要

So good 13号はチョコレート特集。
地中海で育まれた感性、クリエイティビティ、文化から生まれたチョコレート。バルセロナで活躍する9人のショコラティエの多彩で驚きのある作品と仕事ぶりを紹介します。
さらに、東京からパリ、シカゴ、メルボルン、ミラノ、モントリオールなどでも取材を敢行。有名シェフ、将来有望なシェフが最新作を披露してくれました。
魅惑のボンボン、天にも昇るようなエクレア、チョコレートでできた“リトル・ポップコーン”、イチゴのクリーム添え、メープルシュガーとそば粉のフィナンシェ…。
日本からは表参道の人気店「グラッシェル」の江森宏之シェフと独自の世界観を持つ和菓子店「ワガシアソビ」が登場します。
また今月号より、レシピ数点と日本人インタビュー記事の和訳が追加されます。
全304ページに25人のシェフによる60以上のクリエーションが詰まった最新号、お見逃しなく!

So good#13 目次

・クリストフ・アダム(フォション)Christophe Adam, the wildest flashes:エクレア3種のレシピ
・ジェローム・ランドリュー(シカゴ・チョコレート・アカデミー)Jerome Landrieu:カナダを代表するシェフ
・パトリス・デメル(パトリス・パティシエ/モントリオール)Patrice demers: 
・ダーレン・パーチェス(バーチ&パーチェス・スウィート・ストゥーディオ/メルボルン)Darren Purchese:
半年先ま予約でいっぱい。1ヵ月に2度のスイートづくしのコースメニュー
・レオナルド・ディ・リカルドLeonardo di Carlo:製菓におけるオリーブオイルの可能性
・ジョルディ・ボルダス(2011年クープデュモンド、スペインチームのリーダー)Jodi Bordas: 菓子作りは数学
・イヴ・シェレル(アナナス・バー&ブラッスリー/シドニー) Yves Scherer: 英国定番ストロベリー&クリームの進化版
・ピエール・フランソワ・ローロフ(デザート・イブニングス/メルボルン)Pierre Francois Roelofs: 試験管デザート
・江森宏之(グラッシェル/表参道)Hiroyuki Emori: ヴァシュラン・ペタル・ローズのレシピ
・アントニー・プリュネ(フランス)Antony Prunet, 国内外で注目される27歳、青リンゴのタルト「Apple」
・パスカル・カッフェ(パスカル・カッフェ/フランス)Pascal Caffet: アーモンドエクレアとケーク・シトロンのレシピ
・ワガシアソビ(稲賀基大、浅野理):異色の和菓子ユニットの「旅するひよこ」
・ダニエル・テクスター(アドリアーノ・ザンボ/オーストラリア)Daniel Texter: 黒いケーキ「ポラック・ナイツ」のレシピ
・エルンスト・クナム(パスティッチェリア・エルンスト・クナム/ミラノ)Ernst Knam: 黒ニンニクを使ったボンボン
・エンリック・ロビラ(エンリック・ロビラ/バルセロナ)Enrich Rovira:ショコラティエが振り返る20年間の商品変遷)
・ラモーン・モラト(スペイン初のチョコレート学校創設)Ramon morato: 「醤油ミルクチョコレート柚子ガナッシュ」、他4レシピ
・オリール・バラゲ(オリオール・バラゲ/バルセロナ)Oriole Balaguer:ザッハートルテ、バラゲ流2種
・ラウール・ベルナル(チョコレートアカデミー講師/バルセロナ)Rail Bernal: ポップコーンじゃないポップコーン
・オリビエ・フェルナンデス、サライ・ルイス(ギルド製菓学校/バルセロナ) Olivier Fernandez and Saray Ruiz: 呪いのチョコレートの森
・ホセ・マリア・リベ(チョコレートアカデミー、コレクティボ21 ブリックス):「柚子抹茶トリュフ」ほか、レシピ3種
・カルレス・マンペル(ブボ/バルセロナ)Carless Mampel:「スリムタブレット」レシピ3種
・ミケル・ガッロ(スペインの2014年ベスト・マスター・ショコラティエ)Miguel Guarro:「“オレンジスクイーザー”のデザート」

So good#13 紹介映像

製菓専門誌sogoodとは?

「so good」は2008年にスペインで創刊された製菓専門誌です。毎号、スペイン、フランス、日本をはじめ世界で活躍するパティシエ、ショコラティエのフィロソフィー、クリエイションに対する情熱などを、レシピと美しい写真とともにご紹介しています。
日本・アジア地域の取材・執筆は フードライター松野玲子氏が担当しています。

So goodマガジン オフィシャルサイト(スペイン、英語)
So goodマガジン Facebook(スペイン、英語)
So goodマガジン Facebook(日本語)

>so good日本担当記者 松野玲子

so good日本担当記者 松野玲子 プロフィール

アメリカ留学後、日本でファッション業界紙の翻訳に携わり、その後フードライターに転身。食の専門誌を中心に、パティスリー、ブーランジェリー、レストランの取材・執筆を行う。「so good」には2009年より寄稿し、日本のパティシエとその作品を紹介する。

特集ページトップへ戻る

PAGE TOP